トップページ

 

 新着情報コーナー

 適塾よこはまは、難関大合格から学校の勉強のサポート・フォローアップの学力養成まで、幅広い人たちが通う塾です。
 公立高校、私立中高一貫校通算40年以上数学を教えてきた塾長と難関大に在学する教え子たちが専門性と経験をもとに指導しています。
 自分の可能性を信じ、夢の実現に意欲をもって取り組もうとする皆さん!
 特に、数学の苦手意識を克服しようと考える皆さん!
 適塾よこはまは、小規模塾の小回りの良さを生かして一人一人の皆さんの悩みや戸惑いに寄り添い、ともに夢を育てます

 

 

 開塾8年目を迎える中1年~高3年・高卒生対象の学習塾で、皆さんの実力や個性、目標や学校の学習レベルに沿って、数学を中心に英語・理科を教室別1:1完全個別指導しています。日曜・祝日も授業を行い、授業は平日は10:00~20:30、土・日・祝日は9:00~18:30の時間帯です。
 私立中高一貫校・公立高校で長年数学指導に携わり、東大・京大・東工大・一橋大・国公立医学部(旧帝医含)・私立医学部(慶應医含)や早慶上理、GMARCHレベル受験から、授業や定期考査のフォローアップまでの幅広い指導経験をもつ塾長の専門性と、一人一人の生徒を大切にして実力アップに結びつく柔軟な指導力にご期待ください。
 数学は塾長、英語・理科は一橋大・慶應医・総合政策・日医・早稲田生命医科・社学・横国大工の教え子が担当します。
 現在、中1生~高3生・高卒生の入塾募集だけでなく、夏期特別講習の受付中です。希望される場合は、TEL・FAX・mail・直接窓口までお問合せください。
 案内パンフレット配布中。是非、
無料体験授業枠を活用ください。

   
 難関大学・学部合格実現には、学校の授業や課題を含めた現在の取組みでは不十分と考え、一層のレベルアップや苦手意識の払しょくに取組もうとする皆さん。 
 また、将来の可能性を広げるため、学校の授業の振り返り学習や定期考査対策レベルから着実に実力をつけていきたいと考える皆さんなど、入塾生は多士済々です。
 当塾では、現在の実力と在籍校の授業・定期考査レベルや目標大学合格に必要なレベルとの差などに応じた学習計画を立て、的確に指導します。
 さらに、一挙に目標達成を目指すではなく、実現可能な目標を段階的に達成させ、自信と意欲を喚起した着実な指導を行います。特に、数学の苦手意識を払しょくを目標とする入塾は大歓迎です。最近は大学選抜試験の多様化などから、文系でも数学力が合格を決める武器になります。中堅大学以上の入試では顕著な傾向です。そのためにも、現在の中学・高校での授業レベルと受験で必要とされるレベルとの差を埋める勉強に取り組みことが重要です。
 当塾では、「問題を解く上で必要な、問題文の読み方や解答方針の立て方、分野に応じた考え方の特性に目を向けながら、時間内で解決するために必要な公式の意味や使い分け方など計算する上での工夫までを流れに沿って指導し、数学の勉強の特徴や面白さ、考え方に触れながら「数学のロジックを重視した応用力」強化に取り組ませ、頼りになる数学力の獲得を目指します。
 わからなくなる原因は、何故そうするとよいか分野ごとの学習の肝は何かなど、学ぶ側にとって重要な事柄が学習レベルや進度から「自己責任で獲得」と省略され、学習のつながりが切れるためです。教わる内容や教え方の難しさもありますが、自分で納得できたかどうかの手応えのなさもあります。悩みや疑問、不満を解決して学力向上するには、できる子にはできる子なり、できない子にはできない子なりの悩みや苦労を理解する必要があります。これをどれだけフォローできるかが学習効果を上げる肝です。

 

[7月平常講習]  7月1日 ~ 20日
  定期考査前の直前指導を実施します。
➀ 学習分野の背景を理解し何が問われているかを読み解き、どうしてそうするとよいかを考える力を
  育てます。学習リズムを重視、授業の「振り返りまとめ学習」の定着で、応用力を強化します。
② 授業のフォローアップ・定期考査対策だけでなく、将来の大学受験に向け学習内容のレベル向上を
  目指します。難しさを増す学習の理解度を高めるため、論理的に考える力の定着を図ります。
③ 校内的な実力評価の他に、校外模試を含めた客観的指標を基にレベルアップを目指します。

(注) 中学生には、特に数学を楽しんで学ぶこと発想の柔軟さと知的好奇心をもつ
   ことが大切な指導目標だと考えています。- はやぶさ 2

 

[夏期特別講習]  7月21日 ~ 8月12日
 苦手分野の克服、学習分野の深化と応用力養成を目標に実施します。
 対象 中1年~高3年 1:1完全個別指導
 時間 1コマ 120分 1講座 6~12コマ レベル・テーマによる
 料金 1コマ 4,000円
 申込受付 先着順

 

  
 中高一貫校や進学校の授業でわからなくなる原因は、授業レベルや進度から何故そうするとよいか、分野ごとの学習の肝は何かなど、学ぶ側にとって大切な事柄が「自己責任で獲得するもの」と省略されて学習のつながりが切れてしまうためです。挫折には教わる内容や教え方の難しさもありますが、自分で考えて解いた気がしない手応えのなさもあります。また、勉強の悩みや疑問、不満を解決して学力向上を目指す上で、できる子にはできる子なりのできない子にはできない子なりの悩みや苦労があります。1:1完全個別授業は、学校での学習レベル・実力・目標の差などの他に、つまずくと立ち止まる、マイペース型、ユニークな発想をする、自分の考えにこだわるなど、いろいろな個性に対応した指導形態です。
 東京工業大学名誉教授の志賀浩二先生の口癖が、勉強したことを知識として確実に蓄積するためには、自分のやってきたことの振り返りとその先の道筋を自分なりに理解することが重要で、それには「振り返ってまとめる学習」が必要だということです。その場だけの学習で終わらずに「振り返りとまとめ学習」を自分ですることが、実力アップの肝なのです。
 その点から、是非皆さんに考えてもらいたいのは、コロナ禍の中で行われた昨年度までの学校の授業等で併用されたオンライン授業の効果です。学習内容の定着度や質の面で「対面型=オンライン型」と考えるのは早計です。説明動画を見て「勉強した、わかった、指示された課題もやった」という実感から、対面型授業の1日の学習「授業時間+家庭学習」を十分やり終えたと考えると、実力養成のための勉強で絶対に欠かせない「自分で振り返ってまとめる」時間の確保ができません。この時間をオンライン授業の時間とは別に確保できたかどうかが学習の定着を考える上で何よりも重要なことです。すなわち、自分で考える時間が不足すると、応用力養成に必要な時間を確保できたかどうかが、学習効果を考える上で肝となる部分なのです。それを忘れずに頑張って勉強してください。

 

 

 

[開塾以来現在までの塾生出身校一覧]
(男子)
 聖光学院、栄光学園、浅野、駒場東邦、世田谷学園、森村学園、攻玉社、広尾学園、
 立教新座、中央大付属、サレジオ学院、桐蔭中等、桐蔭progres、桐蔭理数・普通、
 桐光学園、暁星中・高、朋優学院、日本大付属、都市大付属、関東学院、埼玉秀明、
 星槎国際、県立横浜柏葉、県立多摩、県立住吉、県立元石川
(女子)
   桜蔭、雙葉、横浜雙葉、田園調布雙葉、東洋英和女学院、洗足学園、明治大付属、
 中央大付属、桐蔭中等、桐蔭理数・普通、青稜、立教女学院、桐光学園、桜美林、
 普連土学園、神奈川学園、恵泉女学園、カリタス、実践女子、昭和女子大附属、
 駒場学園、関東国際、三輪田学園、聖セシリア、
 県立横浜翠嵐、県立小田原、県立相模原中等、県立荏田、県立元石川、
 市立中川西中・小

 

 どんな素晴らしいことを勉強してもそれを定着させるための努力がないと、せっかくの知識が雲散霧消してしまいます。それはわかっているけど忙しいし、家庭では質問できる人がいないので、どんなに勉強しようとしてもわからないところで止まってしまう。そのため「家庭学習」したくてもできないという人はたくさんいます。皆さん、勉強することをあきらめないでください。そして、自分の可能性を信じてやればできるという気持ちを忘れないことです。 
 若いということは、自分がもっている可能性という風船がとてつもなく大きいことを意味します。ただ、この可能性の風船は努力を怠ると少しずつしぼんでしまいます。そうならないようにするためには、「努力」という栄養を可能性の風船に注入する必要があるのです。努力を通して実力をつけ、大きく膨らんだ風船を手に、自分の希望を叶えましょう。勉強できない理由をあれこれ考えて落ち込むという後ろ向きの姿勢を捨て、前を向いて道を切り開くという前向きな気持ちを大切にしましょう。
 なんでもそうですが最初は簡単なため、甘く見て多少手抜き気味の「覚える」だけの学習でも大丈夫?でも、勉強が進んで「意味を考える」論理的な学習への切替えに失敗して急にわからなくなった経験がありませんか。「覚える」から「考える」の切り替えには、型にはめたパターン学習ではなく、柔らかな心で学習者の考えを大切にした学習指導が必要です。教える側の待つ勇気と生徒に適応した学習計画があれば、時間はかかっても自然に切り替わります。学力の向上には、論理的な考え方を身につけさせ、自信をもたせながら意欲を高めて気持ちよく伸ばすことが大切です。 
 学習の自立と実力アップに必要なのは「意欲」です。意欲さえあればそれを伸ばす学習指導はお任せください。前提となる「意欲」をもたせるきっかけ作りの指導もお任せください。数学の指導には特にこだわりをもっています。数学力に不足を感じたら、なんとなくひらめきで答えていたやり方を改め、式の変形・操作や立て方、公式の使い方、解答の方針をきちんと記述する習慣を身につけることです。易しい問題は頭の中で仮定から結論までたどれますが、複雑で難しい問題はそうはいきません。また、問題の意味を読み解いて自分が考えられる土俵にのせることも必要になります。時間がかかりますが計画的に一歩一歩前に進んでいく指導を大切にすることが決め手です。

[重点指導事項]
 ① 一人一人の個性や学習状況、目標に応じたきめ細かい学習指導
 ② 題意や出題者の意図を読み解く読解力と考える力を重視した学習指導
 ③ 毎月の塾から家庭への連絡、塾生の学習状況を伝える「学習報告」
   ④ 困ったときに質問できる、家庭と塾を結ぶ「数学-質問・解説お助けシス
   テム」の無料運用 
 ⑤ 中学生対象の数学ジュニアオリンピック問題演習・解説講座の併設


[適塾よこはまの学習指導と学習スタイル]
 ・自信が生まれれば意欲は自然に生まれます。その逆も同様です。
  時間をかけて生徒のもつ潜在力を引き出すことを重視しています。
 ・可能性を信じて意欲をもって前向きに取組ませることが目標です。
 ・天才や秀才ではないけれど努力で自分を高めようと考える意欲を
  もった中学生から高卒生までの皆さんが対象です。
 ・難関大志望者の学力養成から、日々の学習のサポート・フォロー
  アップまで、幅広いレベルの皆さんが通う塾(予備校)です。
   ・塾長の長年の教員経験のもと、何故そうなるかを理解させる論理
  を重視した考える指導をします。
 ・教室別の1:1完全個別型授業です。
 ・数学 / 英語 / 物理・化学・生物の、単科・複数科目を指導します。
 ・学力・志望校レベル別の自作テキストで指導します。
 ・講習時間は、学年別に1コマ90分~150分で指導します。
 ・時間帯は平日・土曜 10:00~22:00 日曜・祝日 9:00~19:00
 ・月ごと週ごとに、学校行事や希望に基づいて設定します。
  部活動の両立や学校行事などによる変更も柔軟に対応できます。
 ・講師陣は、塾長の他に東大文理、東京医科歯科大医、慶應大医、
  東工大、一橋大、横市医、慈恵医……の学生が担当します。
  学生講師は
単に学習能力が高い「難関大生」というだけでなく、
  有名塾・予備校講師資格者、模試問題作成者、私立中高チュータ
  ー経験者など指導力を客観的に認められた講師陣です。


 一人一人の悩みや問題点に適切に対応できるスタイルと自負しています。
 適塾よこはまはどんな塾だろうか気になっているんだけれど …  という皆さん、平常講習・無料講習・特別講習への参加を是非検討ください。  
 1ランク上の実力を目指す中学生~高卒生を募集中です。 😳

 適塾よこはまは、長期拘束型の契約でなく1ヵ月毎の契約更新です。

アクセス

塾名 適塾よこはま
TEL 045-913-4521
FAX 045-913-4522
住所 〒224-0001
横浜市都筑区中川1-20-1 サファーレ中川2階-D
地図

▶校舎案内はこちら

校舎までの道筋

map2

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

過去の記事

 

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲