志賀浩二先生

志賀浩二先生

倉吉東高校での講演風景

倉吉東高校での講演風景

平成13年、北海道算数数学教育会高等学校部会の講演をお願いするために、その1年前に便箋5枚にびっしりと私の数学教育に対する考え方、なぜ志賀先生に来ていただきたいかという理由を書いて郵送してから10数年が経ちました。

講演会終了後、しばらくしてから「中等教育学校」での数学教育に手を貸してほしいというお誘いの電話がありました。志賀先生の思いを感じ思い切って北海道の公立高校を退職、先生と一緒に中高一貫数学コースを使用した授業に携わりました。3年後にこの授業が中止されても、先生は生涯教育としての数学教育の立場から、啓蒙書を執筆し続けてきました。

功成り名を遂げた方々が、心豊かな生活の一つとして昔学んだ数学の疑問を解決したい、いろいろなことを知りたいという知的欲求に対し、生涯教育の立場から取り組もうとする考えは、先生が最近執筆された「算数から見えてくる数学」、「大人のための数学」等の著書にも具体的にかかれています。

略歴

1930年
新潟県新潟市に生まれる。
1950年
旧制新潟高校理科入学。作家の野坂昭之氏が先輩にあたる。
1953年
新制新潟大学理学部数学科卒業
同年
東京大学大学院数物系数学科修士課程入学。矢野健太郎先生に師事。矢野先生が結婚祝で配った卍模様の風呂敷の話は目から鱗。
1955年
東京大学大学院数物系数学科修士課程修了
同年
東京大学大学院数物系数学科博士課程進学
1957年
東京大学大学院数物系数学科博士課程中退
同年
東京工業大学理工学部数学科助手
1964年
東京大学より理学博士号学位授与  (東京オリンピックの年)
1965年
東京工業大学理工学部数学科第1講座助教授
1965年
東京工業大学理学部数学科助教授
1975年
東京工業大学理学部数学科教授。
1988年
東京工業大学理学部数学科教授 退官
「無限」がわからなくなったのが理由だそうです。
同年
桐蔭横浜大学工学部教授
2000年
桐蔭横浜大学工学部教授 退職
同年
桐蔭横浜大学工学部客員教授 桐蔭学園中等教育学校用教科書 「中高一貫数学コース」執筆専念のための身分変更
2001年
桐蔭学園中等教育学校創立
自著「中高一貫数学コース」で中等教育学校1期生の授業指導開始。
2004年
中等教育学校の数学教科書切替に伴い、桐蔭横浜大学 客員教授退職

近況

2018年の年が明けて87歳になられました。昨年は、機会はあったのですが残念ながら塾での懇談会を開催できませんでした。
 執筆活動も一段落して、最近は奥様と一緒に過ごされる時間も多くなったようで、奥様ともども健康管理優先で生活されております。
ただ、表面的には穏やかな毎日を過ごされているように見えますが、数学教育への情熱という点では熱いまま静かに沈潜しているだけで、マグマは噴火する機会を静かにうかがっているように思われます。


そんな先生の心そのままに、当塾での大人向けサロンの開催や中高一貫数学コースを使った中学生に対するセミナーの開催には大変に乗り気になっておられます。この企画を先生にお話しすると、月に何回でも行くよと即答していていただき、隣で聞いていた奥様に「年を考えてください」とお叱りを受けてしまいました。この言葉からも、先生の数学教育に対する情熱の衰えはまったく感じられず、本質的な部分にこそ力を集中されようとするお気持ちが伝わってきます。(先生のお気持ちは変わりませんが、ちょっと出不精の面もあり現在懇談会は中止しております。誠に申し訳ありません)

最近、韓国の読者から塾に直接メールが来て志賀先生の「数学が生まれた物語」韓国版(ハンギル社)を高校時代に読んだ思い出と志賀先生の消息についての問い合わせがありました。岩波出版の担当者に連絡して手紙をやり取りしてもらいました。

塾長の思い出 - その1

今から10数年前、お誘いを受けて私が中等教育学校に赴任した直後、先生と二人きりで1週間ほど合宿をする機会がありました。夕食時、岩波書店編集長もおいでのときに話したことを思い出します。

 

「東京工業大学を早く退官されたのはどうしてですか」という私の問いに、先生は「無限がわからなくなったんです」と答えられました。突然の思いもよらない答えにびっくりしたことを鮮明に覚えています。しかし、よく考えてみれば「無限からの光芒」、「無限のなかの数学」などの先生の著書の中に「無限」についてのものが何冊かあることに気付くと、これはうなずけることかもしれません。

 

昨年、中高一貫コースをともに指導した元同僚と先生を囲んで3人で食事をしたときにも、無限についてのお話がありました。パソコンなどにより、無限回操作することが有限回的な操作で得られることで、無限という「概念」が意味をもたなくなってしまったというようなことが骨子でした。先生にとっての無限は身近にある無限であり、私の感覚では無限に遠い無限なのだということをつくづく思いました。

image202image203

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

過去の記事

Return to Top ▲Return to Top ▲