10月日曜・祝日ゼミ

10月日曜・祝日ゼミ

2015年09月27日(日)4:25 PM

毎年この時期になると自分の志望する大学の合格判定が気になります。
受験生の皆さんは、模試で前回よりも点数が伸びていて自分では頑張ったつもりでも、各科目の偏差値や合格判定の評価が伸び悩み、このままでよいかという疑心暗鬼から、自信を無くしてしまう場面が多々起こっていないでしょうか。
私の過去の指導経験から、その原因と思われるのは次の2つをあげることができます。
① 理科・社会の学習の遅れなどからの得点不足による場合
② 基礎科目となる英語・数学・国語の実力不足による場合
原因が①の場合だけでならそれほど深刻ではありません。他の受験生、特に公立高校の受験生のほとんどはこの状況です。そのため、自分だけがという考え方をせず、残された時間を考えた計画的で要領のよい学習計画を立てればよいのです。
この場合、受験するセンター試験の理科・社会の過去問を一度やってみることをお勧めします。現在の実力で何割ぐらいが取れるかということを知ることです。「あなたが知っていなければいけない事柄をどの程度理解できているか」を測る上で指標となります。この結果と志望校のレベル差を考慮して、自分だけでやりきれるのか、それとも特別な指導を受けるなどの手立てを考えるべきかを判断したらよいでしょう。
一方、②の場合は深刻です。というのは実力をつける機会は今まで十分にあったにもかかわらず、力がつかなかったということを意味するからです。
ですから、自分だけの学習では間に合いませんし、時間の浪費になりかねません。即、特別な指導を受けるなどの手立てを考えるべきでしょう。
とはいえ、受験科目は1つではありませんし、特別な指導を受けるための経済的負担もあります。
以上から、何とか安価にこれらの要望をかなえる方法がないかと私の教え子たちと考えました。その結果、連続して指導をするという講師の負担を軽減して、受験の経験を基にしたこの時期の学習指導に、気軽に教えあえるチューター的な要素も取り入れ、さらに多くの科目の指導もやれるようにも配慮したものが、今回の日曜・祝日ゼミです。
(1) 10月の実施日
  10月4日(日)、11日(日)、12日(祝日)、18日(日)、25日(日)の5回です。
(2) 日程
  ①  10:00~12:00 ②  12:30~14:30 ③  15:00~17:00  各講座 120分
(3) 講習料
  1日 1講座 1,200円 2講座 2,000円 3講座 2,500円
(4) 申し込み
  テキストの準備がありますから、各回前日までに申し込みを済ませてください。
  参加料は、当日持参していただいて結構です。
(5) 実施予定講座名
  10月 4日(日) 10:00~12:00 伊東の有機化学ゼミ① -東大理科1類
           12:30~14:30 杉野の英語構文解釈① -慶應義塾医
           15:00~17:00 長倉の整数問題の肝  -塾長
  10月11日(日) 10:00~12:00 伊東の有機化学ゼミ②
           12:30~14:30 長倉の整数問題の肝 
           15:00~17:00 土屋の倫理・政経精義 -一橋大経済
  10月12日(祝) 10:00~12:00 伊東の有機化学ゼミ③
           12:30~14:30 長倉の実数条件の肝
           15:00~17:00 小泉の古文単語の理解 -東大文科3類
  10月18日(日) 10:00~12:00 稲田の電磁気ゼミ①    -東工大4類
         12:30~14:30 杉野の英語構文解釈②
         15:00~17:00 長倉の実数条件の肝
  10月25日(日) 10:00~12:00 稲田の電磁気ゼミ②
         12:30~14:30 長倉の集合と命題
         15:00~17:00 土屋の倫理・政経精義 
(6) その他
  各講座は、1名でも実施します。 

 

 



«   |   »

  |  

過去の記事

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲